遠心鋳造品|製品案内|超耐熱鋳造品・耐食鋳造品の総合メーカーの太平金属工業株式会社

太平金属工業株式会社
遠心鋳造品|製品案内
遠心鋳造品
遠心鋳造とは円筒状の金型を高速で回転させながら溶融金属を注入し遠心力を利用してパイプ状の鋳造品を製造する方法です。大きな遠心力により加圧鋳造される為、非常に緻密で、介在物の少ない優れた製品が得られます。当社は国内で初めて金型遠心鋳造技術を確立して以来、遠心鋳造管のトップメーカーとしての地位を確立してまいりました。
■ラジアントチューブ
用途分野:
鉄鋼関連(薄板連続焼鈍炉用、連続亜鉛メッキ設備用、厚板熱処理炉用、電磁鋼板熱処理炉用)、自動車関連、工業炉関連(焼入れ焼き戻し炉用、他)
主要材質:
TAH13 , TAH18C , TAH32 , TAH37B , TAH38 , TAH39 ,他
■ハースロール
用途分野:
鉄鋼関連(薄板連続焼鈍炉用、連続亜鉛メッキ設備用、厚板熱処理炉用、電磁鋼板熱処理炉用)、自動車関連、工業炉関連(焼入れ焼き戻し炉用、他)
主要材質:
TAH13 , TAH18C , TAH37B , TAH38 , TAH39 ,他
■ロータリーキルン
用途分野:
フェライト焼成炉用、他
主要材質:
TAH37B , TAH38 , TAH39 ,他
■リフォーマーチューブ
用途分野:
石油精製及び石油化学プラント用
主要材質:
TAH37B , TAH38 ,他
■ボウルシェル
用途分野:
遠心分離機用
主要材質:
TAC44 , TAC54 ,他